2008年07月30日

塵も積もれば山となる…

一回の違反では免許停止・免許取り消しにならないような軽微な違反でも、何回も繰り返すと違反点数がかさみ、免許停止になることもあります。

初回の違反から3年以内に次の違反を繰り返した場合、違反点数は累積点数として加算され、7点に達すると30日間の免許停止処分を受けます。つまり、3年間無違反を通さなければ点数は0点になりません。

30日間免許停止処分の場合、免停講習を受けることにより1日に短縮できます。

免停講習が無事に終わっても運転できるのは翌日からです。ここを勘違いあるいはわざとに車を運転して帰るような人は今はもうあまり見かけません。

講習では、教官が何度も言います。

「車を運転して家に帰ることはやめてください。絶対にばれますから。」

30日間の免許停止が1日に短縮されたんだから、1日くらいは我慢しましょう。車を運転してばれたら免許取り消しです。免許更新忘れによるうっかり失効だとすぐにでも免許取得のために教習所に通えますが、免許取り消しだと欠格期間(免許取得できない期間)が生じますので。

講習を終え、帰途につく人は監視されています。徒歩で帰ろうとする人は最も怪しまれます。途中から車を運転して帰る恐れがあると判断されるからです。

私は5kmくらい道のりを家まで徒歩で帰りましたが、最後の最後までパトカーが何度も通り過ぎました。

ただし、免許更新の際の後日交付の場合は別で、交付日までの期限延長をしてくれます。
タグ:免許更新
【関連する記事】
posted by うかーり at 20:43| Comment(0) | 免許講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。