2008年08月31日

免許更新の制度

免許更新を無事に終えるためには、視力検査をクリアしなければなりません。

そもそも、運転免許の取得条件の重要項目として視力があります。片眼で0.3以上、両眼で0.7以上の視力があれば運転免許は取得できます。一度目の免許更新は取得から3年後ですので、その間に視力が弱まることがないとは限りません。自動車を運転する際には安全面という意味で視力は大変重要です。安全な運転をするために必要な情報の獲得は、ほとんどが視覚によっています。免許更新にあたっては、必ず視力検査を受け、合格しなくてはなりません。

自動車の運転免許以外で定期的に更新しなければならないものとして、パイロット、船舶、マッサージ師、最近では教職員免許も更新の対象になりました。

自動車の運転は、航空機の操縦に比べればはるかに簡単です。運転そのものに特別なスキルを必要としない代わりに、安全確認については厳しいですし、視力検査をクリアすることは免許更新の必須条件です。

免許を取得することで許可されているもののほとんどに更新義務がありますが、教職員免許だけは今まで更新義務がありませんでした。教職員以外の分野では、その分野に従事していても定期的に更新をしなければならないのですから、今回教職員免許に更新制度が導入されたのは当然と言えば当然のことです。

しかし、更新をうっかり忘れてしまった場合の救済措置にはもう少し融通がきくようになってもいいのではないかと思います。
タグ:免許更新
posted by うかーり at 18:42| Comment(0) | 免許更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。