2009年06月18日

免許更新時に払うのは手数料だけ?

少しそれた話になりますが、麻生政権の支持率が低下しています。さまざまな議論が背景にありますが、ひとつに天下り問題があります。最近も、在職時代に処分を受けたことのある職員でさえも天下っていたことも明るみになりました。

天下り先を確保するために、何かと理由をつけては支援団体や非営利団体を組織して、そこに退職後のエリートを送り込むわけです。天下った職員には、毎年毎月高額な報酬が支払われます。

実は、この天下り団体は道路交通分野とも無関係ではありません。交通安全推進と称して組織された団体で交通安全協会というのがあるのはみなさんもご存知ですね。

ここまで読んで何か思い当たりませんか。

この交通安全協会も、警察その他道路交通関係に携わっていた者の退職後の天下り先の確保のためにできているようなものなのです。いえ、決して根拠もなしに書いているわけではありません。

「交通安全協会 天下り」とでも検索してみてください。実態がわかりますよ。

それで、この交通安全協会(天下り団体)の財源はどこから確保されているのでしょう。もちろん国や自治体からの膨大な支援もあるのでしょうが(この時点で税金の無駄遣い)、私たちが免許更新の際に払う2,000円程度のお金も財源確保に大いに貢献しているのです。

支払は義務ではありませんが、払っておけば次回の免許更新を忘れないように通知してくれるだとか、払ったお金が交通安全推進に使われるのだとかと言われて、ついつい払ってしまう方も多いのではないでしょうか。

官僚のエリートのみなさん、これはいけませんよ〜…。
タグ:免許更新
posted by うかーり at 20:21| Comment(0) | 免許更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。