2009年11月15日

日本の免許更新手続き

免許更新会場は、平日よりも土曜日・日曜日の方が混み合います。平日に休みをとれるような条件の会社に勤めている方ならよいですが、大抵の方は土曜日・日曜日でないと時間をつくれません。

センターの方でも、土日の混み合いを予想してはいますが、まったく予想外の混み合い方になることもあります。私も一度、免許更新に行った際、想像を絶する混み方でうんざりしたことがありました。

これは、いつものように午前中に終わらせることは無理だろうなと思いましたが、センターの職員の気転で、講習教室を臨時に増やすなどして対処してくれたおかげで、いつもとさほど変わらない時間で手続きを終わらせることができました。

ところで、この例のように免許更新センターが激しく混雑していても、手続きに要する時間が大幅にオーバーしないのは、職員の気転はもちろんのこと、私たちの日頃の「秩序を守る習慣」も大きく影響していることを、日本在住のある中国人がブログで明かしています。

その方の記述によりますと、中国では何か自分に不都合があると、秩序を守ることよりも自分の都合を最優先することが習慣になっているようなのです。

中国人の国民性の一つとして、「指図されるのが嫌い」というのがあるそうです。当然、混雑に対処するための職員の指示にもなかなか耳を傾けないだろうと大いに予想されるというのです。

想像してみてください。激しい混雑のため、自分の用事が予定通りに終わらないと察した何人かが、窓口の職員と押し問答を始め、それがだんだん大きくなって収拾がつかなくなり、さらに手続きが遅れていく様子。

国民性というのは交通マナーにも表れてきます。日本以外のアジア諸国での交通事故件数の多さにも表れていますね。
タグ:免許更新
posted by うかーり at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 免許更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133004215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。